新人大会・個人戦

 13, 2010 21:34

毎日良い天気が続き・・
本来であれば喜ばしいことなのでしょうが
運動するにはちょっと
36℃とか37℃という気温は
真夏であっても稀なことだと ついこの間までは思っていたのですが・・
私の考え違いだったようです

秋と言えば 食欲の秋とか読書秋とか 色々ありますが
部活動で言えば 先輩達からバトンを引き継いだ下級生達の晴れ舞台
新人戦の季節でもあり・・
我が息子達も 先週の土曜日に新人戦に出場してきました
過日行われた 地区予選会を勝ち抜いた60組の精鋭達
暑さに そして自分に負けないように・・


新人戦1 

開会式直後の 開幕試合です
ちょっと表情が硬いかな


新人戦2 

仲間達の応援を背に受けて・・  


新人戦3 


頑張ったのですけどね・・
ファイナルゲームまでもつれる展開でしたが あえなく敗退
一回戦で姿を消してしまいました 


息子が中学生になって テニスを始め
この四年間に 様々な大会に出場してきました
その記憶の中で どんな小さな試合でも 一回戦で負けてしまったことは無く・・
初めての経験です
試合後の息子の表情が 全てを物語っていました
そして 私達のそばに近づいてきての第一声が
「ごめん 負けちゃったよ」 でした
私はこの言葉を聞いたとき
息子のテニスへの 私の接し方は間違っていたのかもしれないと思い
その場に居続けることが 出来ませんでした
親子で二人三脚 いや 三人四脚で歩いていた日々・・
やっぱり息子を 追い込んでいたのかもしれません
「ごめん」 という言葉 息子は深く考えていなかったのでしょうが
私は 重くそして深く その言葉を受け止めました


でも・・
やるからには やっぱり勝って欲しい
自分で納得出来る 試合をして欲しい
息子は勿論 その仲間達も
自分達が目標に掲げたものを 手に入れて欲しい・・ 


小学校の頃 「親」という字を習った時
立って 木の上から 子どものことを見守っているのだと習いました
そうなのかな そうするのが良いのかなと 自問自答を繰り返し
出した結論は 見ているだけなんて やっぱり出来ないと・・
子離れ出来ない akiでした




今の息子には迷いがあります
kaboは 日々の息子の行動・言葉を見聞きし
今は勝てないだろうなぁ・・ 日々そう思っていました
akiは どう思っていたのか分かりません
しかし 母の私には感じるものが ありました
体調が悪かったこともありますが 正直言うと 勝てないだろうと思っていた・・
だから その姿を見たくなかった・・それが本音です
この日 息子と話をしました
息子は 「自分の為には テニス頑張れない」 と・・
中学の時は 顧問の先生の期待に応えるべく 先生を関東に連れて行きたくて頑張ったと・・
今は??
私達の為に頑張るとは 言いませんでした (正直安心しました)
「ある人の為に・・ そして先生の為に頑張るかな・・」
こんなことを ポロっと言い始めました
親子で腹を割って話し 少し吹っ切れたかな?


今朝 息子は久し振りに朝練に行きました
何か思うところがあったのかな・・

課題も多く出される 息子の学校
勉強と部活の両立は 本当に難しいです
でも やるからには必死で頑張って欲しい
私達の様に 後悔しない為にも

まだまだ こんな悩める日々が続きそうです






    
 

COMMENT 8

Tue
2010.09.14
09:22

 #-

URL

No Title

息子さんなりに頑張った結果ですものね!お疲れ様!!

親ですもの・・見ているだけなんて出来ないです!
でもその時期も終わりに近づいているのかもしれませんね・・・。
時には挫折して立ち上がって そのプロセスは
やっぱり大人になるために必要ですもの^^
見守るって難しいけど。。我が家も違う意味で
それと同じ状況ですからね(汗
ぐっとこらえて見守ることも時には必要なんですよね~
う~ん 難しい!!

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.14
12:32

gskofu #-

URL

No Title

新人戦、お疲れ様でした。
子供を見守るのは難しいです。反省することばかりです。
我が息子も今年ついにヘルメットを脱ぎました。
何時しか親の為、もしくは他の何かの為、プレッシャーの中での走り戦い続け
自分自身の楽しさを見つけられなくなっていたようです。
そこには技量、環境などいろいろな要素があるのですが結果が付いてこないことで
さらに追い詰められていたように感じました。
もともと親が始めさせたレースでしたので、昨年の中盤
「もう親の為に走らなくてもいいよ」と話し。
今年に入り別のカテゴリーに移ることも考えたのですが、
戦う気になれず、ずっと乗りたかったフォーミュラーの誘いも断りました。
今後どうするかは分かりません、
でも努力や経験は子供の力になっているはずです。
そう思って親は見守り続けるしかないのかなと思っています。

ソフトテニスは楽しくいつまでも続けられるスポーツだと思います。
誰かの為に頑張るのではなく、初めてラケットを握り必死にボールを
打ち続けたころの楽しい気持ちを思い出してもう一度、
自分のスタイルで頑張ってと伝えてください。

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.14
13:55

フラワー #-

URL

こんにちは

息子さんの高校も課題が多く勉強と部活の両立が難しいのですね~。
同じ学年のわが息子も宿題や小テストが多く部活をしながら、
どうしたら課題をこなせるか、、、毎日悪戦苦闘しています。

そんな彼に、なぜ部活を頑張っているか聞くと、
「将来の体力作りの為」と言います。
高校の時に体を鍛えると大人になってからも体力が維持出来ると
彼は思っていて今は体力の貯金をしているらしいです。
ユニークな発想で私には思いつかないような理由だけど、
取り合えず頑張ってるんだし、まぁいいか~て思いました。
                 

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.14
22:54

kaboとaki #-

URL

e-220 nao さんへ
こんにちは。
どんな距離で、子どもと接したら良いか・・
難しいですよね。
そもそも、どんな距離で接するかなんて考えている訳ではないですもんね(笑
我家の場合、結果として近かっただけですし・・
と言うより、近いのではないかと勝手に思っているだけで、
実際はどうなのか分かりません^^
こうやって考えてみると、じっと黙って見守ることの出来ること。
簡単のようで、やっぱり難しいかなと。。
そしていつも思うのですが、子どもは親が思っているより
親が考えていることを、きちんと理解しているのだと思っています。

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.14
23:14

kaboとaki #-

URL

e-220 gskofu さんへ
こんにちは。
先日は応援いただき、ありがとうございました。
見守るって難しいですね。
だから私は見ているだけでなく、足を運び口も出すのでしょうね(笑
思っていることを、心にしまっておくことが出来たら・・なんて思います。

何をしても、無駄なことなんてないよね。
子ども達、若い世代を見ていると尚更そう感じるね。
昨日出来なかったことを、今日は自分のものにしているし、
一つの経験を十の力に変えているみたいな・・^^
今は色んなことを考えて、色んなことに挑戦して・・
しばらく息子の「自分探し」は続きそうです。
どこに向かって歩いてゆくのですかね~。。
ま、どこに向かって歩いても、全力で旗を振ることに変わりはないけど・・ね(大笑

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.14
23:28

kaboとaki #-

URL

e-220 フラワー さんへ
こんにちは。
ホント何でこんなに課題が出るの・・と思うくらいです(^^;
学校によって大分様子も違うようで、
週末に沢山出すかわりに、平日はあまり出さない学校や
ほとんど出さない学校も。。
息子の学校の様子は、受験前に聞いてはいたのですが、
実際に目の当たりにすると「ホント・・??」みたいな感じです(笑

部活を頑張っている理由ですか~。
そうですよね。息子は何でこんなに頑張っているのだろう。。
フラワーさんの息子さんの考え方。
>「将来の体力作りの為」と言います。
この考え方、面白いです^^
体力の貯金なんて、ちょっと発想出来ないですよ。
流石フラワーさんの息子さんだと、感心してしまいましたi-179

Edit | Reply | 
Wed
2010.09.15
16:12

ネコビーバー #sy32fyL2

URL

こんにちわ

残念でしたね。
勝負事は勝ちがあれば、必ず負けもあるので。
何でテニスしたのかというと高校時代のあの頃のことは記憶にないです。
でも、することが単に楽しかったからでしょうか。
ただ、宝物は高校時代のテニス部の仲間は何十年経っても友人でいられるということでしょうか。
できれば、大学でも続けられるともっと素晴らしい出会いと友人、先輩、後輩とのつながりができます。
高校時代って勉強もクラブも何となってしまうもんだと思いますよ。
大学は東大へ行くなら別でしょうが、最後、がり勉すりゃあなんとかなりますって。(経験者は語ります。)
くいの残らないようにさせてあげてください。

Edit | Reply | 
Wed
2010.09.15
22:35

kaboとaki #-

URL

e-220 ネコビーバー さんへ
こんにちは。
勝負に敗れたことは仕方ないのですが、
迷い、力を出し切れなかったこと・・
とても残念に思います。

私の周りにも、当時の友人が沢山います。
本当に大切な友人・素敵な友人ばかりです。
そして、互いの子ども達がソフトテニスを始めたり
家族ぐるみで楽しんだりと、
我家を語るには、テニス抜きでは語れない(笑
そんな感じで楽しんでいます♪
勉強は・・ 性格なのでしょうね。
私は大雑把なので、なんとかなるさ~と。
息子は、準備に準備を重ねないと気がすまないとでも言いましょうか(^^;
ホント、誰に似たのか分かりません(笑

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?